ギャンブル産業は、この20年間で急成長した世界の主要産業の一つです。今日では、海外のあちこちでカジノを目にするようになりました。カジノツーリズムの出現により、新たな世界的ムーブメントが起きています。カジノ間の競争は非常に激しいため、世界で最も美しく優れたカジノを選ぶことは簡単ではありません。

しかし、なかにはクオリティや提供するオファー、多様なサービスを、妥協が許されない高いレベルで維持しているカジノもあります。

そうしたカジノは主に大規模な複合施設であり、都市そのものであり、ホテルやレストラン、映画館、ショップ、プール、ビーチなど、熱心なギャンブラーやカジノを訪れる観光客が必要とするものが何でも揃っています!

  • マカオ、中国

中国の都市マカオは、ラスベガスと「闘い」を繰り広げています。これらの都市は、豪華さ、クオリティ、華やかさ、豊富なコンテンツといったあらゆる面で、世界最高の2大カジノ都市であることは間違いありません。しかし訪問者数や売上などの数字に注目した場合、マカオがラスベガスを大きくリードしていることがわかります。

「東洋のモンテカルロ」とうたわれるマカオはギャンブルビジネスを非常に大切にしており、東半球では他に類を見ないほどの総合的なギャンブルやベッティング体験を提供しています。

  • ラスベガス、アメリカ・ネバダ州

カジノの規模としてはマカオが上かもしれませんが、人気の高さは常にラスベガスの方が上。この都市はギャンブルの代名詞でもあり、エンターテインメント産業の象徴でもあります。この光溢れる都市は、数多くのハリウッド映画の舞台となったことで、世界で最も人気のある街の一つとなっています。何もない砂漠の真ん中に作られ、ナイトライフとギャンブルの世界的中心地となったラスベガスは、観光客にとってこれ以上ないほど魅力的です。

ラスベガスの有名なストリップには、世界にある最大級のギャンブル施設25カ所のうち15カ所が集まっており、どこにも負けていません。ぜひ行ってみましょう!

  • マリーナベイ・サンズ、シンガポール

シンガポールは整然とした豊かな国であり、経済のあらゆる面においてほぼ完ぺきに機能していると言ってもいい位。また、世界でもGDPが急速に成長している国の一つとしてよく知られています。これにはギャンブル産業も寄与しており、世界で人気のギャンブルの目的地としても際立った存在です。最も象徴的な建物がマリーナベイ・サンズであり、世界にある独立したギャンブル施設の中で最も高級な施設の1つでもあります。皆さんも、写真や映像で一度は見たことがあるでしょう。

  • アトランティックシティ、ニュージャージー

華やかとは言えないものの、長い歴史を持ち、ニュージャージーのイメージを向上させたのが、このアトランティックシティ。アメリカ東海岸にあるカジノの中で最も有名で、目立つ存在です。

浮き沈みを経験しながらも、なんとか生き残り、世界で最も優れたカジノの一つであり続けています。

現在、この街には9つのカジノがあり、合計1万4000室以上がギャンブルファンのために用意されています。ボルガータ、シーザーズ、ゴールデンナゲットなどがその代表です。

  • モンテカルロ、モナコ

モンテカルロのカジノと言えば、ジェームズ・ボンドを連想する人が多いのではないでしょうか。次にF1レースや、この国の有利な税制を活かした億万長者を思い浮かべる人もいるかもしれません。モンテカルロには、卓越した建築様式が特徴の世界最高のカジノがあるということは確かです。

ここでは、他では見られない本格的で、モンテカルロならではのギャンブル文化を体験することができます。カジノ・ド・モンテカルロには膨大な数のテーブルが並ぶほか、24時間いつでも楽しめるスロットやジャックポットゲームなど、ユニークな体験もお楽しみいただけます。